Just another WordPress site

財布選び

未分類

長く使うなら手作り革財布がおすすめ

投稿日:2016年1月9日 更新日:

a0001_009313

 財布は普段身持ち歩く物なので愛着がわきますよね。古くボロボロになってもなかなか手放せないものです。

そんな時のことも考え長く使える手作り革財布を選びましょう。では長く使える財布の必要な条件とはどんなものでしょうか。

長く使える財布の条件とは革製であること流行に左右されないデザインであることアフターサービスがある修理することもできるブランドの物を選ぶことです。また色も黒や茶など飽きのこないものを選ぶといいでしょう。

 

財布を長持ちさせる方法

どんなに丈夫な財布でも使い方は悪いと長持ちさせることができません。今から説明するポイントを押さえておきましょう。

財布を持ち運ぶ際にポケットに入れたまま座らないようにしましょう。型崩れをおこしてしまいます。得に車の椅子に座る際には注意が必要です。下方向からだけでなく背もたれとの間にも挟まれカーブを描くように圧力がかかるので財布の寿命を著しく縮めます。

車に乗る際には腰ポケットからは財布が出しておきましょう。冬服であればコートやジャケットの胸ポケットなどにいれるといいでしょう。

油分を与えよう

本革財は時間と共に油分が抜けてきてひび割れが生じやすくなってきます。縫い目にひび割れができるとそこから裂けてきてしまうこともあるの定期的にミンクオイルな革製品用のオイルを染み込ませておきましょう。

これだけで財布の寿命がかなり長くなりますよ。また普段部屋に置いておくときは日光に当たらない場所に置きましょう。10年15年使おうと思った場合は光による劣化にも気をつけましょう。色があせてしまいます。

革財布の良さ

 革財布が長く使えるのは丈夫である方という理由だけではありません。革財布は使い込むほど味がでて古臭い感じがしないからです。布の財布などであると表面がすれ毛羽立ってくると古臭さを感じてしまいます。こういった点の革財布が長くつかいのには向いている理由なのです。

またデザイン的にもクラシカルなものを選べな年代問わず使えるのもメリットです。あまりに若いデザインだと年を取った時にちょっと持ちずらいということもありますからね。

ブランドが苦手な方は国産

 海外の一流ブランドなどベタな財布が苦手という方もいますよね。誰もが知っている一流ブランドだとなんだか持っていて気恥ずかしい気分にもなりますし目上の方になんだか嫌みに感じられてしまうこともあるかもしれません。また両親などにプレゼントで上げる場合も一流ブランドには抵抗をもっている両親もいるでしょう。

そんな時は誰もが知っている海外ブランドよりも知る人ぞ知る国産ブランドのものがおすすめですよ。品質は折り紙つきのブランドもたくさんありますからそういった物の方が喜ばれることもあります。

お金を大切にする意識を持とう

 かつては日本も貧しい国であったのでみなお金の大切さは日々の生活の中で感じ取ることができていました。しかし日本も裕福な国になりお金に苦労することなく育っていてる人間もおり両親がお金の大切さをきちんと教えないと浪費に走ってしまう方もいます。

ましてやこれからは二極が進み中間層が少なくなり低所得層が増えてきます。そうなったときに子供が努力しても親世代よりも稼ぐのが難しくなってきます。この時にお金を大事にする心が無いと家計が破たんしてしまいます。


スポンサー広告

その為にもお金をしまうものですから財布位はいいものを使い常にお金に大事にすることを意識する習慣を身につけておくことを教えておきましょう。学校の勉強など勉学の方にだけ目が行ってしまいがちです。いい大学を出ていい企業に就職すれば将来が安泰な時代は終わりました。

大企業でも倒産する時代ですし、いつリストラにあるかもわかりません。低収入でも倹約の精神とアイデアがあれば何とかやっていけるものです。これからの時代親とて子供に何をしてあげられるかを考えた時に勉学も大事ですが生活をやりくりする知恵とお金を大事にする精神を身につけさせた上げることも重要なのです。

財布の上手な使い方

 お財布を使うには常に中をきれいにしておきましょう。レシート類はためないようにしてお札も綺麗にそろえておきましょう。自分自身のお金の使い方に合わせていつも最少減必要な分だけをいれておきましょう。日丁以上にもっているとついつい使ってしまうものです。またカード類はかさばるのでカードは発行しないで携帯でもポイントサービスに切り替えるのがいいですよ。

クーポン券などをたくさん持ち歩く場合は財布以外にカードケースを持っていたほうがいいでしょう。その方が財布も傷めませんし管理もしやすいです。財布の中が常に整理された状態で自分が持っているお金も把握しやすいと無駄な出費も減ります。

財布はお金を入れる物としてだけ考えるのではなくお金を管理する為に物と考えましょう。

手作り革財布の良さ

手作り革財布の良さは熟練の職人が一つ一つ丁寧に作っているということです。本革は布などと違い一つ一つみな個性があります。模様も微妙に違いますし強さも違います。革の素材の良さを引き出す為には熟練の職人の技術が欠かせないわけです。

本革財布を作る時は単に決まった作業をしている訳ではなく素材と対話しながら作っているのです。

お金の有効な使い方

会員性サービスやランニングコストを意識する

 お金を有効に使う為にはランニングコストもかからな物を購入するのがポイントです。ランニングコストもかかるものはわずかな金額でさえ毎月決まってお金がでていってしまいます。月学サービスはもちろんのことも消耗部品のある製品などもそうですね。携帯電話などあまり使わないのにパケホーダイにしている方もいます。でも月の料金の違いはそれほどでもないので別にいいやと考えていると一年数万円、10年で10万円を超えてしまいます。

いらないものにお金を払い続けることは避けたほうがいいので一度家計を見直してみましょう。クレジットカードの明細を見れば過去に入会したサービスで今はまったく利用していないものが毎月しっかり引き落とされているなんて事もありますよ。

お金を生み出すものに投資する

お金を生み出すものといっても株や土地などのことばかりをいっているのではありません。自営業や個人事業主として働いている方であれば便利な設備や道具を購入することで時間が短縮されるのでその分余計に働くことができお金を生み出せます。

お金は使う使い方によって増やすこともできます。これを意識すればあなたも成功者に一歩ちかずけるでしょう。

現金主義になろう

 今はクレジットカードがあれば現金をあまり持ち歩く必要もありませんがクレジットカードは使い方を間違うともろ刃の剣です。あまりの便利さゆえにお金を使うすぎてしまうこともあります。手持ちの現金が無くてもかえるので衝動買いをしやすい方にはおすすめできません。

また使わなければならないときは一括払いにしましょう。分割すると利息がとられます。リボ払いなどするとかなりの金額をとられるので気をつけましょうね。

そんなに大きな金額と使うことのない方はクレジットカードは持ち歩かないのが一番でしょう。


スポンサー広告

-未分類

Copyright© 財布選び , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.